NoViTaBLoG

NoViTaの日常を綴った日記+αです。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:-- | スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
このままでいいのか?
ちょっと今回はかなり真面目で堅苦しい話をしてみたいと思います。

ロンドン同時多発テロから2日が経過し、徐々に被害状況が明らかになりつつあります。
サミット開催中で、なおかつ、ロンドン五輪開催決定の翌日だっただけに、世界に与えた衝撃はただ事ではありませんでした。
あんまり関係無いですけど、私はオリンピックはパリ開催が望ましいと思ってました。
アメリカ・スペインはテロの標的になってたし、ロシアは国内や近隣諸国との問題が未解決、イギリスはアメリカを追従している関係でやや情勢に不安が残る…
となると、残るはフランス・パリしかないんじゃないかと…


テロ行為が卑劣で許しがたい行為であることは言うまでもありません。
しかし、果たしてテロ行為を力で封じ込めることは正しいことなんでしょうか。
そんな疑問は、世界の多くの人が持っていることでしょう。
ありがちな意見かもしれませんが、私の考えを少し…
過去にこれだけ"テロ"の恐怖を感じたことがあったでしょうか?
テロが横行する国においては、常に付きまとっていたテロの恐怖…
しかし、世界的にテロが横行するような時代になったのは、ごく最近のことだと思います。
テロ集団がよく言うのは「報復」という言葉。
報復っていうのは、何もないところからは出てきません。
何か被害を与えるようなことをしてしまったためなんですね。
国際的なテロ集団がいることは、怖いことなんですが、
私は、その組織を刺激することが、さらに怖いことだと思うんですね。
その刺激を与えてしまったのがアメリカのアフガニスタン攻撃、そしてイラク戦争ですね。
私はアメリカのやり方には当初から反対してたんですが、結局誰も国連さえも止めることが出来なかった…
アフガニスタン、そしてイラクでは、多くの人が亡くなりました。
軍人も、テロリストも、罪のない民間人も…
そして、新たな憎しみが生まれた…
結局、アフガニスタン攻撃やイラク戦争では、何がしたかったのかがよく分かりません。
世界の情勢をより不安定にしただけのような気がしてなりません…
そして、国連の力の無さを痛感させられた…
アメリカ大統領は、「より安全な国になった」という風に言っておられますが、果たして本当にそうなんでしょうか?
アメリカのニューヨーク、スペインのマドリードに続いて、イギリスのロンドンでもテロが起こってしまった。
アメリカ国内は安全になったかもしれない。しかし、もしかしたら自分たちの行為によって、他の国をより危険な状態にしてしまったのかもしれないという想いは無いんでしょうか。
日本も果たしてこのままイラクに駐留する必要性があるんでしょうか。
イラクを支援する方法は、自衛隊を派遣することだけじゃないと思います。
日本は「支援部隊派遣」と言ってますが、他国では「軍隊派遣」と受け取ってます。
このまま自衛隊を派遣し続けることは、日本を危険にさらしているという風に考えることは出来ないでしょうか。
日本も考え方を改めるときが来ているように思います。

日本で、そして世界で、これ以上テロの被害が出ないことを祈るばかりです…


[今日の日記関連サイト]
・Yahoo!ニュース - ロンドン同時多発テロ:http://dailynews.yahoo.co.jp/fc/world/london_blasts/
スポンサーサイト
Comment
≪この記事へのコメント≫
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
Trackback
この記事のトラックバックURL
≪この記事へのトラックバック≫
Designed by aykm.
RSS feed meter for http://novita.blog4.fc2.com/
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。