NoViTaBLoG

NoViTaの日常を綴った日記+αです。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:-- | スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
アメリカ牛は怖い
非常に腹立たしい!

アメリカ産牛肉から、日米の合意で輸出禁止とされた部位が混入していた。
ってか「混入」っていうレベルと違うやろ!
テレビで映像見たら、そのものズバリが入ってるし…

日本向けの輸出品はチェックが厳しいというのは、世界的にも通説となっているはずなんですが…
だから、日本の関連企業が進出しているアジア諸国でも、結構気を遣っているらしいですよ。
まぁ、ちゃんとしてない製品も流れ込んできますが、そんな品物は高値では売れないですよね。

牛肉に関しても同じだと思うんですよね。
しかも、人の健康面の問題に直結するような問題。

今回のアメリカ産牛肉は、ちゃんとしてない製品にも程があるって!

まぁ、約束が守れない上に、
「アメリカ国内やったらOKやもん!」
とか逆ギレされた日にゃ…
もう呆れるしかないですね
日本国民をナメてかかってるし、馬鹿にしてるとしか思えません。
圧力かければまた輸入しよるって…とか思ってるんですよ、きっと…

ところで、何か日本政府に対して責任を追及するような動きがあるみたいですが…
どうやって責任追及するんですかね?
「やっぱりアメリカは約束守らんかったやんか!」とでも言うんですかね?
だとしたら、最初っからアメリカに対して信用がなかったわけで…
アメリカは、それを裏切ることなく見事に約束を破ったわけで…

どっちにしろ、アメリカ産牛肉というか、アメリカ合衆国という国自体の信頼は地に落ちたというわけですね。

日本にとって、アメリカという国が非常に重要な位置取りにあることは、誰もが知っているところですが、
全てアメリカの要求通りに動かなければならないのでしょうか?
日本には日本の考え方があります。
アメリカがアメリカの考え方で、しかもそれが世界標準であるかのように強硬に要求してくるというのは、絶対におかしいと思うんです。

日本政府には、アメリカが問題発覚後の暴言に対してもきちんと謝罪して、
必要な対策を取るまでは、絶対に輸入再開には踏み切って欲しくないですね。
スポンサーサイト
Comment
≪この記事へのコメント≫
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
Trackback
この記事のトラックバックURL
≪この記事へのトラックバック≫
産経新聞が今日22日(日)の社説で、「開いた口が塞がらない」と書いていた。狂牛病の素を出荷するアメリカに対しては勿論だが、読者にとっては産経新聞にも開いた口が塞がらない。産
2006/01/23(月) 13:12:55 | 先っちょマンブログ
Designed by aykm.
RSS feed meter for http://novita.blog4.fc2.com/
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。