FC2ブログ

NoViTaBLoG

NoViTaの日常を綴った日記+αです。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:-- | スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
ときどき考えてみるんです…
今日は"噂の"国民の休日ですね。
何日か前の日記で取り上げたんですが、わからない方は、こちらをご覧下さい。
まぁ、といってもだからどうということもなく…
とりあえず、ここのところ疲れがとれないというのが非常に困りもの…
疲れてると、わけのわからんことを言いたくなるんですよねぇ~…
ということで、今日は「どうでもいいんですけど…」シリーズの第1回ということで、感謝をテーマに雑記を…
感謝を表す言葉に「ありがとうございます」ってのがありますよね。
「ありがとう」は、漢字にすると「有り難い」"有"るのが"難"しいって書きます。つまり、滅多にないってことです。
結構あっさり「ありがとう」って言うてしまいますが、こうして考えてみると、何やら凄いことを言うてるんやなぁ~と考えさせられます。
でもいいことなんやったら、有り難いと言わず有りまくってくれた方が嬉しいですよね。
私は、この日本の世の中は、ちょっと考えてみれば有り難い事だらけだと思うんです。でも、この沢山の有り難いことに気付かずに、ちょっとした感謝の気持ちってのを忘れてるってことが多いような気がするんですよねぇ~。
日本って国は、「サービス大国」ですよね。この「サービス」ってのは確かに素晴らしいことだと思うんですが、一方ではこれが日本人の心を狭くしてしまってるんじゃないかと思ったりするんです。より良いサービス環境に置かれた人は、もしかしたら、それ以下のサービスに対しては有難みを感じなくなるんじゃないかと思うんですよね。
もちろん小さなサービスにも、裏には提供する側の心遣いや努力が存在するというのは当然のこと。
だから、
「鉄道は高速で走り、時間通りに来て当たり前」
「宅配やら郵便やらは低料金で送れて、届いて当たり前」
「各地で行われるいろんなイベントは全部準備されてあって、時間通りに始まり終わって当たり前」

などなど…具体的に数えてるときりがありません…
確かに客の立場で考えれば、「こっちは○○してやってるんだから…」という話になるのかもしれないのですが、それだとサービスを提供する側のミスに敏感になって、ちょっとしたことでイライラしてしまうと思うんです。
だから私はこういうところでの感謝の気持ちっていうのが大切だと思うんです。「向こうは○○して下さってるんだ。有り難いなぁ~。」と思えば、提供する側のちょっとしたミスも気にならなくなると思うんです。イライラは体に良くないですしね。(^_^;)

探せば沢山見つかる「感謝」に値する有り難いこと。まずは、身近なところから始めていきたいですね。
そう、例えば、バスを降りるとき運転手さんに「ありがとう」。講義が終わったら先生に「ありがとう」…
スポンサーサイト
Comment
≪この記事へのコメント≫
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
Trackback
この記事のトラックバックURL
≪この記事へのトラックバック≫
Designed by aykm.
RSS feed meter for http://novita.blog4.fc2.com/
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。