NoViTaBLoG

NoViTaの日常を綴った日記+αです。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:-- | スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
たばこ増税雑感
昨年末に話題に上った「たばこ増税」に関して、個人的な意見を少し…


今、世間が持つ喫煙者に対するイメージは、決して良いものではないと思います。

ポイ捨て
歩きたばこ
指定場所以外での喫煙



以前、地域の清掃活動を行ったとき、バラバラになって拾うことすらままならない「たばこの吸い殻」が、そこら中に散らばっていたのを今でもはっきり覚えています。

マナーを守る喫煙者に対する世間の目は、
「あの人は偉いなぁ~」
なんていうものではなく
「それが当たり前」
というもんだと思います。
マナーを守ってたばこを楽しんでいる人には申し訳ないですが、世間というのはマナーを守らない人が起こした問題ばかりを取り上げるもの…
当たり前のことが出来ていないから、今回の「たばこ増税」に関しても、喫煙者への同情が薄いように思います。


ちなみに、私は増税賛成派。
むしろ増税額が少ないと思うぐらいです。
それは、増税のメリットが大きいと思うから…

政府は、税収の増加や健康への弊害の減少を理由に挙げるようですが、
私にとっては、
・ポイ捨ての減少
・歩きたばこによる火傷などの被害減少
・喫煙場所を守らない喫煙による嫌煙者への副流煙の減少

といったマナー違反ゆえのメリットが大きいように思います。
このような状況では、愛煙家に対する同情が少ないのも納得できるように思います。
たばこマナー向上は、社会的な喫煙者のイメージ向上につながると思います。


増税に反対する愛煙家の皆さん!
たばこが増税の対象として吊し上げられてしまった今こそ、自らのイメージ回復・向上のために立ち上がるべきなのではないでしょうか?
スポンサーサイト
Comment
≪この記事へのコメント≫
喫煙者から一言・・・
とりあえず喫煙者です(笑)
NoViTaの言うことは充分賛成できます.
でも,増税してたばこの消費量が減るのでしょうか・・・
現在,日本は禁煙への道をたどっております.
別に増税しなくとも,喫煙者の割合はどんどん減ると考えています.
だから,増税の理由としては,2兆円を超えるたばこの税収の減少を抑える,もしくは増収とすることが絶対の目的である気がしてならないです.
だから,私は,その増税に反対し,たばこを止める覚悟であります.

でも止められないのが現状ですが...
2006/01/07(土) 15:20:56 | URL | はくと #Oj5.Jsus[ 編集]
1箱500円で…
>はくと さん
コメント、ありがとうございます。

「禁煙セラピー」という著書が、かなり売れてるそうです。
禁煙ブームとも言える状況ですが、喫煙者にとって"禁煙"ってかなり大変なことだと思います。
ある調査では、1箱500円まで値上げして、やっと喫煙者が半数になると言います。
政府もこの辺のことを見越して「1本1円の増税」という、ある意味では中途半端な増税に踏み切ったんだと思います。
もし政府関係者が言うような"禁煙奨励"が目的なら、もっと大幅な増税が効果的ですからね…

というわけで、仰るとおり
「増税の理由としては,2兆円を超えるたばこの税収の減少を抑える,もしくは増収とすることが絶対の目的である」
というのは間違いないでしょう。

私はそれに対して国民感情はそれほど悪化していないという点が、喫煙者の置かれている立場を表しているような気がします。

嫌煙家にとっては、愛煙家はまさに「敵」のようなもんだと思います。
ただ、周囲に配慮した本当の愛煙家は嫌煙家の「敵」にはならないような気がするんです。

というわけで、愛煙家は
「敵」は簡単に作れても、「味方」はなかなか作れない
というツライ状況に置かれていると思います。

まぁ、今からタバコをやめようとしている方にとっては、あまり関係ないことでしょうけどもね…(^_^;)

禁煙、頑張って下さい。
んで、ういたお金でまた奢ってください。
2006/01/10(火) 03:52:02 | URL | NoViTa@管理人 #6dGnfUi6[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
Trackback
この記事のトラックバックURL
≪この記事へのトラックバック≫
Designed by aykm.
RSS feed meter for http://novita.blog4.fc2.com/
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。