NoViTaBLoG

NoViTaの日常を綴った日記+αです。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:-- | スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
音っていうのは・・・
今日は朝からメカトロシステムの講義。
まぁ、まだ今は簡単なプログラミングだけで済むので、簡単ですね。
その講義に関する内容が、今回の"Music Tuesday"のテーマとなりますが、その話は後ほど・・・
で、いつもの火曜日の講義はこれだけなんですが、今日は木曜日に新一年生の合宿があって、その引率に行ってしまう先生の振替の講義・国語表現法があったんです。
いやぁ~、ホンマに日本語って難しいですね・・・
その後は、明後日の面接に備えて履歴書をちょちょっと書いて、同時進行で3つめの必要書類・志望動機を書いてました。
書きたいことはあっても、なかなかうまく書けないもんで・・結局今日は書ききれず・・・(-_-;)
まぁ、研究でプログラムの改編とかもやってたんで、そればっかりやってたわけじゃないんですけどね・・・(^_^;)

ところで、今日のテーマなんですが・・・
音楽ってのは、音から出来てますよね。その音に関するお話です。
っていっても、いろんな音があります。
ピアノの音・ギターの音・トランペットの音・ドラムの音・・・もちろん、人の声も音ですし、階段を駆け降りる音もモーターが回る音も、全部ですよね。
ただ音楽となると、ただのじゃ意味が無いんですよね。
音色音階っていうのが必要になってくるわけです。
じゃあ、結局音色の違い音階の違いというのは、どこから出てくるのでしょうか?
科学的には、音波の振動の様子の違いということが出来ますね。
で、何故これが"メカトロシステム"と関係があるかというと、今回のメカトロシステムの講義で、プログラムに音の周波数と音の長さを入力してブザーを鳴らすというものがあったのですが、このときにこのブザーで曲を作ろうとしたとき、どうしても音階と音の周波数との対応を調べないといけなくて・・・
で、覚え書き程度にここに書いとこうと、そう思った次第です・・・(^_^;)
ちなみに、下の数値は私が覚え書き程度に適当に調べて書いたおよその整数値ですんで、ちゃんとした値を知りたい方は、御自分で調べてみて下さい。
C :262[Hz]
C#:281[Hz]
D :301[Hz]
D#:321[Hz]
E :341[Hz]
F :361[Hz]
F#:380[Hz]
G :400[Hz]
G#:420[Hz]
A :440[Hz]←これが基準!
A#:468[Hz]
B :495[Hz]
C :523[Hz]

ちなみに、電子ブザーの音が、一番単純な波によって生み出される音です(と思います)。だから、電子音って似たような音しかならないでしょ?


[今日の日記関連サイト]
・音の正体:http://jvsc.jst.go.jp/find/sound/index2.htm
・音階とは:http://www.page.sannet.ne.jp/niizato/scale_method.html
スポンサーサイト
Comment
≪この記事へのコメント≫
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
Trackback
この記事のトラックバックURL
≪この記事へのトラックバック≫
Designed by aykm.
RSS feed meter for http://novita.blog4.fc2.com/
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。