NoViTaBLoG

NoViTaの日常を綴った日記+αです。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:-- | スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
早く寝るべきやった
明日は研究室の全体ミーティングで発表があるわけなんですが、
それに向けて夜中のうちに昨日撮影しといた発表で使用する動画を編集。
と言っても、必要な部分を切り出すだけ、
というか不要な部分を削るだけなんで、
大した編集作業でもないですが…
編集した動画の保存にちょっと暇が要ったりと、
意外に時間がかかるのが難点…
それも明け方までには無事終了。

PowerPointはうちのPCには入ってないから…あとは資料作成!

…まぁ、書きかけの論文を流用すればええか…(^o^;)

で、PCで作業してて思ったこと。
またしてもHDDの空き容量が不足してきた…(-_-;)

とりあえず諸悪の根源であるテレビ番組の録画データを何とかせねば…

そんなわけで、そっちの方の編集作業とかもやり始めたんですが、
こんなんじゃラチがあかんっちゅうことで、
我が家に最近導入された"アレ"を使うときが遂にやってきたわけです!

その"アレ"というのは…
LAN接続型の外付けHDD!
容量は、何と1TB!!
テラバイトなんか初めて見たわ…(^-^;)

で、意気揚々とデータの移動を始めたわけなんですが…
…ん?
…あれ?
…時間かかり過ぎじゃね?
今回のHDDは1000BASE-T対応なので、最大で1Gbps出るはず…
ということは、1GBのデータの転送時間を計算すると…
【転送速度の定義】
1[Gbps]=1[Gbit/sec]
つまり、1秒に1ギガビットのデータを転送する。

【ビットとバイトの換算】
一方、
1[Byte]=8[bit]
の関係が成立するので、
1[GB]=8[Gbit]
となる。

【転送時間の算出】
1[GB]のデータを1[Gbps]で転送したときの転送時間は、
8[Gbit]÷1[Gbps]=8[sec]

よって理論上は、1[GB]のデータは10秒ぐらいで転送可能となります。
まぁ、そんなことは言っても、実際はもっとかかるんでしょうけど…

ところが、実際にやってみると、その10分近く時間がかかる…
これはおかしい…
まるで、1000BASE-T規格に対応してないみたいな…
…ん?
…100BASE-Tってこと?

LANのハブは1000BASE-T対応に変えたので問題ないはず…

で、そのハブの表示を見ると、
ハブのところまでは、1000BASE-Tで来てるのに、
その先PCに接続するところで100BASE-Tに落ちてる模様…

LANケーブル?
いや、それは対応品のはず…

…ん?
…まさか!?

富士通さんのページでPCのスペックを調査…


あっ!!やっぱり!!

犯人はPCのLANデバイスでした…
しかも、オンボード型で取り替え不可…(-_-;)

何故こんな初歩的なことに気付かなかったのか…(-_-;)

とりあえず犯人はハッキリしたので、次に対応策を検討。

とりあえず、LANカードを使うことが考えられるわけですが、
オンボードのLANデバイスとLANカードがケンカしないかが心配。

そこで、手持ちのLANカードで調査。
その結果、ちゃんとLANカードも認識してくれて、使用可能なことが判明!

とりあえず、これで一安心…(^o^;)

そこまで調査したところで、時間は既にお昼前…

寝よっと…Zzz(_ _ )
昨日、研究室で寝て以来の睡眠。

起床したのは19時半頃。
睡眠時間としては、8時間ぐらい…
ただ、昨日あんまり寝てないので、もうちょい睡眠を取っときたかった…(-_-;)

夕食・風呂の後、いつものように終電で研究室へ。

今夜はゼミ発表の準備で忙しくなりそう…(^_^;)
間に合うかなぁ…(-_-;)
スポンサーサイト
Comment
≪この記事へのコメント≫
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
Trackback
この記事のトラックバックURL
≪この記事へのトラックバック≫
Designed by aykm.
RSS feed meter for http://novita.blog4.fc2.com/
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。