NoViTaBLoG

NoViTaの日常を綴った日記+αです。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:-- | スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
オーサカツアー
今日は朝から大阪の展示施設を巡る旅に行ってきましたよ!

朝。起床時間は6:30…
いつもの平日よりも40分ほど早い。
私のこれまでの旅の記録を見たことがある方は、
「出発時間が遅い」
と思われた方がいらっしゃるかも…(^o^;)

私が旅をするとなると、だいたい
"始発で出発して、終電近くで帰宅する"
というパターンなんですが、
今回は7時過ぎの電車で出発しました。

理由は次の2点。
1. いつもは乗り放題切符(3dayチケット)を使っていたが、今回は通常の切符で移動したため。
2. 出発時間を展示施設の開館時間に合わせたため。

まず最初に向かったのは、地下鉄谷町四丁目駅の東方、
NHK大阪放送局の横・大阪府警察本部の向かいにある
"大阪歴史博物館"
大阪歴史博物館


特別展の"ペルシャ文明展"が主な目的ですが、
大河ドラマをチェックしている歴史好きの私としては、
常設展もかなり興味深く拝見して回りました。
しかも、常設展に限っては写真撮影も可能でしたし、
建物も高く、立地も難波宮跡や大阪城に近いので、
窓からの眺望も素晴らしい!

にしても、古代ペルシャの品は精巧に作られてますねぇ…

で、歴史博物館を後にする前に、横にある"NHK大阪放送局"へ。
大阪歴史博物館とNHK大阪放送局


博物館を出てすぐ前にある1Fのスタジオに目をやると…
「ぐるっと関西plus」の生本番前。
出演者の皆さんが勢揃い!
まずは、落語家の桂小米朝さん。
観覧のお客様に前説トーク。
小米朝さんぐらいの人が前説トークとは…いやいや、恐れ入りました…(^o^;)
それからその横には"初代おけいはん"としても有名な水野麗奈さん。
あとはアナウンサーの方かな? もうお1方いらっしゃいました。
番組観覧もその場でパッと言うたら行けたっぽいんですが、
行く予定のスポットの閉館時間の関係で、ちょっと急ぐ旅…
残念ですが、番組観覧は出来ず…(>_<)

さて"歴史博物館"の次に向かったのも、またまた歴史的なスポット!
しかも、博物館から目と鼻の先。
だって、歴史博物館が丸見えでしたからね。
次なるスポットは、太閤・豊臣秀吉の城として有名な大阪のシンボル、
"大阪城"
大阪城


折しも城下の公園(ようは大阪城公園)では、オーサカキングが本日開幕。
沢山の人で賑わってました。

ただ残念ながら、目当ては"天守閣"と特別公開されてる"金蔵"。
オーサカキングはスルーしました。
MBSさん、ごめんなさい。

旧第四師団司令部で、元大阪市立博物館でもある歴史を感じる建物を横目に、
まず目指すのは天守閣最上階の展望台。
実はエレベーターも設置されてる近代的な天守閣ですが、
やはりそこは階段で上らないと…
ということで、8階にあたる展望台へ。

まさに、"大阪一望"と言ったところでしょうか。
秀吉の時代からは大きく様変わりした
"大都市・大阪"の姿が目に飛び込んできます。

展望台で景色を堪能した後は、下層階の展示室を順番に。
大阪夏の陣で活躍した真田幸村のゆかりで、
真田家の関係の特別展示もやってました。
夏の陣では真田幸村隊の破竹の勢いの前に、
徳川本陣では旗印が倒されるというかなりの劣勢に立たされます。
私は全然知らなかったんですが、
この時に家康が討ち取られたという話さえあったようです。
それ以降の家康は影武者だと…
一方の幸村も激戦の末に討ち死にしたとされていますが、
秀吉の子・豊臣秀頼と共に西国へ落ちのびたという話も残っているようです。
いやぁ、非常に興味深いです。

ちなみに現在の大河ドラマ「風林火山」でも、
幸村の祖父に当たる真田幸隆が登場してますよ。

天守閣を一通り見終わったら、次は金蔵です。
"かなぐら"とか"かねぐら"とかいう読み方と思ってたんですが、
正しくは"きんぞう"だそうです。
要は緊急時の貴重品保管庫みたいなもんらしいです。
非常に歴史を感じるたたずまいでした。

さて、これでツアーは前半戦終了。
ここで昼食タイム!
もちろん昼食も観光スポットで。
でも、その次に行くスポットのことも考えて…
というわけで、地下鉄森ノ宮駅まで移動し、
中央線・堺筋線と乗り継いで、
到着したのは証券の街・北浜。

ライオン像がたたずむ難波橋を渡ったそこは、
堂島川と土佐堀川の中洲・中之島です。
そして向かうのは、"中之島で最も有名"と言っても過言ではない建物。
中之島公会堂とも言われる"大阪市中央公会堂"です。
大阪市中央公会堂


「でも公会堂と昼食の関係性は?」という話になるかもなんですが、
実は、この公会堂こそが今回の昼食スポットなんです!

公会堂の地下食堂(実際は半地下ですが…)・中之島倶楽部は、
美味しい洋食の店としてちょっと有名だったりします。
しかもリーズナブル!学生には嬉しい!!
今回は、限定200食の"オムライス"をいただくことができて大満足!!

お腹もいっぱいになったところで後半戦開始!
次なるスポットも中之島にあります。
大阪市立図書館・大阪市役所・日本銀行大阪支店やら、
京阪中之島新線の工場現場やらを横目に、さらに西の方へ。

そして、見えてきた妙なオブジェ…
実はここが次のスポット、"国立国際美術館"です。
国立国際美術館


特別展"ロシア皇帝の至宝展"を見に行ったんですが、
実のところ私は美術館って苦手なんですねぇ…(-_-;)

まぁ、その話は置いといて…(^o^;)

国立国際美術館は、完全地下型の美術館です。
エスカレーター部分は吹き抜けになってて明るくて優しい光が差し込みますが、
展示室は日の光を完全シャットアウト!
日光による美術品の劣化を未然に防止しています。
建築物としての内部のデザイン・実用性は素晴らしいですね。
私は建築物は好きなんで、この美術館の建物は興味深く思うんです。

そして、いよいよ特別展会場。
クレムリンと呼ばれる帝政ロシア時代のモスクワの宮殿の宝物が集結!
歴史好きな私ですが、世界史はまだまだ勉強中…
特にロシアはからっきし…(^o^;)
今回の特別展は、歴史背景の解説がかなり充実してたので、
美術品を通して帝政ロシアの時代の流れが分かって、
歴史好きの私にはかなり嬉しい内容でした。

えっ?
美術館が苦手そうには見えないって?

確かにここまではかなり面白い内容で、
美術館が苦手という話とは程遠い感じですが…

実は問題なのはここからなんです…

ついでなんで、他の展示も見ていくことにしたんですが…
これが私の肌には合わないんですねぇ…(-_-;)

私という人間は、多分"機能重視"の"写実主義"論者なんですね。
だから抽象的な作品とかは、何を表したものなのか分かんないんで、
そこらへんが私には合わない感じなんですね…
機能面でも実用性が皆無やし、歴史的背景も見えない…

まぁ、こういう特別展でもやってない限りは、
美術館なんか行くこともないんで、
そういう意味では普段目にしないものを見れたので、
インパクトがあって良かったんじゃないかなぁ…と。

そして、今日のツアーの最後は呑み会!
地下鉄肥後橋駅から四つ橋線で西梅田駅へ。
そして徒歩で、呑み会から合流のメンバーとの待ち合わせ場所、
阪急梅田のBIGMAN前広場へ移動。
集合時間まで時間があったので、
歩き疲れた足を休めようと喫茶店を探すも、
そこはさすがに梅田の繁華街…どこも満席…
喫茶店を探して逆に歩き疲れるという意味ないことをやってたら…
えっ!?もう集合時間!?

今日の呑み会は、時間も結構早い感じだったのと、
私が朝の情報番組"おはよう朝日 土曜日です"で特集してたのを見たのと、
一応メンバーの賛成が得られた(?)ということで、
阪急ターミナルビルの屋上にあるビアガーデンに行くことに。
実は私、ビアガーデンに行くのはこれが初めて。
ターミナルビルのエレベーター前で受付らしき人を見つけて聞くと…
「予約はされてますか?」
との問い…
えっ!?予約要ったの!?
「いや、予約はしてないんですけど…」
とやや凹みで答えると、
「では、こちらでお待ち下さい。」
との答え。
どうやら大丈夫やったっぽい…(^o^;)

でも、長いこと待たされたら嫌やなぁ…
でも、それで遅刻組が追いつけたらラッキーやなぁ…

とか考えてる間もなく、案内の人に呼ばれて、エレベーターで屋上へ。

当たり前のことなんでしょうけど、
ビアガーデンって食べ放題の飲み放題なんですよね。
しかも、こちらの場合は3500円で閉店の21時まで!
めっちゃリーズナブルな感じで嬉しい!

でも問題も…
何と突然の激しい雨…
幸いにも屋根(テント)の下の席だったので、
端の方がちょっと濡れただけだったんですが、
屋根のない席の方々は、それはもう大変なことになってました…(^_^;)

アクシデントに見舞われながらも、閉店時間ぐらいまで十分に堪能。
でも時間もまだ早いということで、当然ながらハシゴですよね…(^o^;)
阪急東通り方面に移動して23時頃まで再び呑み。

とかやってたら、自宅に帰れる終電、出ちまったよ…(^o^;)
でも、大学に行ける電車ならまだまだ残ってるし。

結局、大学最寄駅に着いたら、もうすぐ日付が変わる時間…
コンビニ寄ってから研究室に行くかな…(^o^;)
スポンサーサイト
Comment
≪この記事へのコメント≫
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
Trackback
この記事のトラックバックURL
≪この記事へのトラックバック≫
Designed by aykm.
RSS feed meter for http://novita.blog4.fc2.com/
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。