NoViTaBLoG

NoViTaの日常を綴った日記+αです。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:-- | スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
NoViTaのBook Information(Vol.1)
どうも皆さん!
今回から始まりました
「NoViTaのBook Information」

この「Book Information」では、
私NoViTaが個人的に気になって読んでみた本に関する情報を、
雑な文章と勝手な関連リンクテキトーに紹介しようというコーナーです。

(↑上の文章は、もちろん「Music Information」のコピペです…↑)


さて、記念すべき第1回は、私が睡眠に関して悩んでて、それで読んだ本です。

「朝に弱い」が治る本―スッキリした目覚めを手に入れる習慣 「朝に弱い」が治る本―スッキリした目覚めを手に入れる習慣
鴨下 一郎 (2006/03)
PHP研究所
この商品の詳細を見る



【目次とNoViTaの要約】
プロローグ 「朝に弱い」は病気ですか?
24時間営業の出現や深夜番組の充実など、現代社会は「朝に弱くなりやすい」!
第1章 「朝に弱い」は人生につまずく
「朝に弱い」その原因は、自己の内面と習慣にあり!
第2章 「朝に弱い」が治らない理由
体内時計の破壊が招く病気…ストレスからくる病気…
「朝に弱い」が治らないのは、病気のせいかもしれない…
第3章 「朝に弱い」がストレスを生む
朝起きれないだけで悪循環…
朝に弱いと、こんなにも損をする…
第4章 「ぐっすり眠る」のメカニズム
眠りって何?理想的な睡眠ってどんなの?
睡眠を科学する。
第5章 「朝に強い」から、こんなにトクをする
早寝早起きで体のバランスに良い循環を!
そして生まれた朝の時間を有効活用!
第6章 「快適な眠り」を妨げるもの
ストレス・カフェイン・アルコール…
快適な睡眠のために、こんなことに気をつけて!
第7章 「朝に弱い」を治す法
睡眠と目覚めに対して工夫と管理を。
快適な目覚めのための、快適な睡眠を手に入れよう!


著者の鴨下一郎さんは「心療内科医」で、
不安やストレスなどの精神的要因で身体に不調を来す病気(心身症)を扱っておられるためか、
睡眠に対しては
精神的要因が大きく関与している
という観点に立っておられるようです。
もちろん"本人の自覚の問題"というような精神的要因もあるんですが、
それだけじゃなくて、"仮面うつ病"や"ストレス性の睡眠障害"などのような
精神的要因が原因の"病気としての不眠"も取り上げられています。
不眠に対する不安の相談窓口としての心療内科の存在の宣伝(?)の意味もあるんだと思いますが、
やっぱり問題の原因が分からないときに相談できるところがあると、
ちょっと安心できるようなところはありますよね。

この本についてのおおよその内容は、目次とNoViTa的要約を見ていただければわかると思いますが、
基本的には、実際の事例に基づいた話を中心にした
「朝に弱い」デメリット・「朝に強い」メリットについての記述が中心です。
とにかく、「朝起きれるようになりたい!」っていう人は、
睡眠に対する科学的なアプローチや快適な睡眠のための工夫が載っている
第4章・第6章・第7章あたりを参考にすればいいんじゃないかなぁ、って思います。

amazonのこの本の紹介ページでは、本の内容が少し見れるようになってます。
amazonの紹介ページはこちら


「NoViTaのBook Information」
これからも超不定期で追加していきます!
次回をお楽しみに!
スポンサーサイト
Comment
≪この記事へのコメント≫
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
Trackback
この記事のトラックバックURL
≪この記事へのトラックバック≫
Designed by aykm.
RSS feed meter for http://novita.blog4.fc2.com/
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。