NoViTaBLoG

NoViTaの日常を綴った日記+αです。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:-- | スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
NoViTaの覚書メモ "睡眠編 (1)"
どうも皆さん!
今回から始まりました
「NoViTaの覚書メモ」

この「覚書メモ」では、
私NoViTaが個人的に気になって調べてみたことを、
雑な文章とまとめの一言テキトーな覚書代わりにしようというコーナーです。
(↑上の文章は、もちろん「Music Information」「Book Information」のコピペです…↑)


記念すべき第1回目のトピックは「睡眠」
睡眠に関するトピックについて、何回かに分けて覚書していきたいと思います。

まず今回は初回ということで、睡眠の基本からいってみましょう!

テーマ「"レム睡眠"と"ノンレム睡眠"」

睡眠は大きく2種類に分類できます。
それが、"レム睡眠(REM Sleep)""ノンレム睡眠(Non-REM Sleep)"です。
ここで出てきた"レム(REM)"というのは、
"急速眼球運動(Rapid Eye Movement)"の略で、
その名の通り、寝ている間に目がキョロキョロと動く状態のことです。
つまり、レム睡眠の間は体は寝ているんですが、脳は起きている状態に近く
さらに目はキョロキョロと動いているという状態になっています。
もちろん本人は寝ているわけですから、眼球が運動しているということは分かりませんし、
周りにいる人からしても、閉じたまぶたの下で起こっている出来事ですから、
寝ている人が目を開けてるとかいうことがない限り、普通は気付きません。

ノンレム睡眠の状態は、体も脳も休んでいる状態で、
一般的には深い眠りの状態であると言えます。
またこのノンレム睡眠は、眠りの深さによって4段階に分けることができ、
特に深い眠りの状態では、
体の新陳代謝を活発にする成長ホルモンが分泌されると言われています。
寝る子は育つという言葉がありますが、
あれはあながち間違いでもないみたいですね。


まとめの一言
「"レム睡眠"は脳は起きてる浅い眠り、
"ノンレム睡眠"は脳も休憩中の深い眠り。」



それでは、
「NoViTaの覚書メモ」
次回もお楽しみに!
スポンサーサイト
Comment
≪この記事へのコメント≫
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
Trackback
この記事のトラックバックURL
≪この記事へのトラックバック≫
Designed by aykm.
RSS feed meter for http://novita.blog4.fc2.com/
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。