NoViTaBLoG

NoViTaの日常を綴った日記+αです。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:-- | スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
NoViTaの覚書メモ "睡眠編 (4)"
どうも皆さん!
いよいよ4回目です。
「NoViTaの覚書メモ」

この「覚書メモ」では、
私NoViTaが個人的に気になって調べてみたことを、
雑な文章とまとめの一言テキトーな覚書代わりにしようというコーナーです。

現在のトピックは「睡眠」
今回はちょっと実用的(?)な話です。


テーマ「快適な目覚めのために」


まずは前回までのまとめです。
第1回第2回では、
眠りには眠りの浅い"レム睡眠"眠りの深い"ノンレム睡眠"があり、
それぞれが約90分のサイクルで繰り返し表れるということをお話し、
第3回では、
ノンレム睡眠が眠りの深さによって4つの段階(ステージ)に分かれているが、
時間が経つにつれて深いステージには移行しなくなり、眠りは浅くなっていくということをお話しました。

さて、今回は目覚めのことを考えるわけですが、
当然のことながら深い眠りの状態だと起きにくく、目覚めも悪くなります。
逆に眠りが浅い目覚めやすいということになります。

ということは、目覚めをよくするための第1のポイントは、
いかにして起床時間を眠りの浅いところに持っていくかということになるわけです。

そのために重要なことは、自分の睡眠サイクルを把握するということです。
一般的に90分と言われる睡眠サイクルも個人差があるため、
90分ピッタリで考えていてもうまくいくとは限りません。
また入眠までの時間、つまり布団に入ってから寝るまでの時間に至っては、
それこそ個人差がありますし、日によっても異なるかもしれません
ただ大事なことは、自分の睡眠パターンを把握して、適切な睡眠時間を考えることにあるわけです。

早速、今日から睡眠日誌を付けてみてはいかがでしょうか?


まとめの一言
「自分の睡眠サイクルを把握して、起床時刻を眠りの浅いところに持っていこう。」



それでは、
「NoViTaの覚書メモ」
次回もお楽しみに!
スポンサーサイト
NoViTaの覚書メモ "睡眠編 (3)"
どうも皆さん!
3回目になりました
「NoViTaの覚書メモ」

この「覚書メモ」では、
私NoViTaが個人的に気になって調べてみたことを、
雑な文章とまとめの一言テキトーな覚書代わりにしようというコーナーです。

現在進行中のトピックは「睡眠」です!


テーマ「徐々に浅くなる眠り」


前回の覚書メモは、浅い眠りと深い眠りが約90分ごとに繰り返されているという話でした。
ただし、この話には落とし穴があります
それは、眠りの深さのグラフは、ただの正弦波ではなく、
減衰振動に近い形になることです。

前々回の覚書メモで少しだけお話したように、
ノンレム睡眠は4段階に分かれているのですが、
眠りがレム睡眠からノンレム睡眠に移行したからといって、
必ずしも最も眠りの深い4段階目まで到達するとは限らないんです。
つまり眠りの最も深いところは、2回目の波・3回目の波…と時間が経つごとに、
だんだん浅くなってくるんです。
そして最終的には、自然と目が覚めるということになるわけです。

だから、あんまり長い時間寝過ぎても、深い眠りには移行しないので、
寝た分だけ疲れがとれるとは限らないというわけです。


まとめの一言
「ノンレム睡眠の深さ:最初は深いけど、時間が経つとだんだん浅くなってくる。」



それでは、
「NoViTaの覚書メモ」
次回もお楽しみに!
NoViTaの覚書メモ "睡眠編 (2)"
どうも皆さん!
早くも2回目を迎えました
「NoViTaの覚書メモ」

この「覚書メモ」では、
私NoViTaが個人的に気になって調べてみたことを、
雑な文章とまとめの一言テキトーな覚書代わりにしようというコーナーです。

前回からのトピックは「睡眠」
今回は前回の続きのお話です!


テーマ「眠りの深さの変化」


前回の覚書メモでは、
眠りにはレム睡眠ノンレム睡眠があるという話があったわけですが、
この2つの眠りはスイッチのON/OFFのようにパッと切り替わるのではなく、
時間を追うごとに徐々に遷移していきます。

そのため、眠りの深さを時系列でグラフ化すると…
つまり、縦軸:眠りの深さ、横軸:時間でグラフを書くと、正弦波状のグラフがプロットされ、
きれいな波の形が出てきます
つまり、時間によって眠りの深さが浅くなったり、深くなったりするわけです。
(参照:http://www.natural-sleep.com/image/image27.jpg

しかも眠りの深さは、かなり規則正しく変化することが分かっています。
眠りの深さの周期
つまり眠りが浅いところから深くなって、もう一度浅くなるまでの時間は、
個人差があるものの、およそ90分(~100分)になるそうです。


まとめの一言
「眠っている間は、浅い眠りと深い眠りが約90分ごとに繰り返されている。」



それでは、
「NoViTaの覚書メモ」
次回もお楽しみに!
NoViTaの覚書メモ "睡眠編 (1)"
どうも皆さん!
今回から始まりました
「NoViTaの覚書メモ」

この「覚書メモ」では、
私NoViTaが個人的に気になって調べてみたことを、
雑な文章とまとめの一言テキトーな覚書代わりにしようというコーナーです。
(↑上の文章は、もちろん「Music Information」「Book Information」のコピペです…↑)


記念すべき第1回目のトピックは「睡眠」
睡眠に関するトピックについて、何回かに分けて覚書していきたいと思います。

まず今回は初回ということで、睡眠の基本からいってみましょう!

テーマ「"レム睡眠"と"ノンレム睡眠"」

睡眠は大きく2種類に分類できます。
それが、"レム睡眠(REM Sleep)""ノンレム睡眠(Non-REM Sleep)"です。
ここで出てきた"レム(REM)"というのは、
"急速眼球運動(Rapid Eye Movement)"の略で、
その名の通り、寝ている間に目がキョロキョロと動く状態のことです。
つまり、レム睡眠の間は体は寝ているんですが、脳は起きている状態に近く
さらに目はキョロキョロと動いているという状態になっています。
もちろん本人は寝ているわけですから、眼球が運動しているということは分かりませんし、
周りにいる人からしても、閉じたまぶたの下で起こっている出来事ですから、
寝ている人が目を開けてるとかいうことがない限り、普通は気付きません。

ノンレム睡眠の状態は、体も脳も休んでいる状態で、
一般的には深い眠りの状態であると言えます。
またこのノンレム睡眠は、眠りの深さによって4段階に分けることができ、
特に深い眠りの状態では、
体の新陳代謝を活発にする成長ホルモンが分泌されると言われています。
寝る子は育つという言葉がありますが、
あれはあながち間違いでもないみたいですね。


まとめの一言
「"レム睡眠"は脳は起きてる浅い眠り、
"ノンレム睡眠"は脳も休憩中の深い眠り。」



それでは、
「NoViTaの覚書メモ」
次回もお楽しみに!
こんな夢、見ました。
昨日寝てる間に見た夢をたまたま覚えてたので、投稿しとこうと思います。

その夢の内容とは…
[こんな夢、見ました。]の続きを読む
睡眠は大切やで
今日は・・・寝てました(笑)
ひたすらに寝てました。
気付けば、昼になってました。
平日は、昼間に眠気が来るので、どうも寝不足らしいです・・・
とはいえ、それほど睡眠時間が短いわけでもないので、気になってちょっと睡眠について調べてみることにしました。
すると・・・・・・
[睡眠は大切やで]の続きを読む
Designed by aykm.
RSS feed meter for http://novita.blog4.fc2.com/
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。